忍者ブログ

美容に関する知識やためになる情報を配信しております

美容の達人 どんどこ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美容の裏ワザ:デザインで着やせをするテクニック & スマートに見える下着選び


美容の裏ワザ:デザインで着やせをするテクニック。
◆首の高い人はラフなスタイルか似合う。
身長の高い女性はシャープな体型であるために、カチッとしたスーツはNG。シャープを越えて、男っぽい印象が強くなるからである。もっと「可愛らしさ」を演出する際には、ラフなイメージの演出を意識するとよい。具体的には、モへアのニットやフリルの襟がついたブラウスなどでの演出である。


◆ギャザー入り水着はやせては見えない。
ウエストにギャザー入り、もしくはベルトのついた水着は「着やせ効果」があるとして売られていることが多い。しかしこの水着にてウエストを細く見せられることはあまりない、太って見えることすらある。理由はギャザーやベルトが人の視線を集めて、「太いウエストを見てください」となってしまうからである。やはり体型をカバーするにはビキニが一番最適と思われる。ビキニが苦手という人は、ギャザー付きではなく、オーソドックスなワンピースの水着の方が好ましい。更に水着でウエストを細く見せる必殺ワザは、とにかくバストを大きく見せること。バストを大きく寄せることで、その対比にてウエストが細く見えるのである。

ケアマネジャー

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


美容の裏ワザ:スマートに見える下着選び。

◆ビキニ下着が2段腹をつくる。
ビキニ型の下着は若い女性のほとんどが利用する。しかしこのビキニ下着は、美容的にはあまり好ましくない。長年使っているとボディラインがくずれるからである。はみ出した贅肉が歩くたびに押し下げられるので垂れ尻の原因となる。更に、ウエストの中途半端な位置に下着のゴムがくい込むことで、境目ができ2段腹、3段腹をつくる原因になるのである。理想の下着は、ウエストラインがおへそまで隠れる形である。ヒップ、ウエスト、そして太ももを美しく保つことができる。

◆ヒップをつぶさない下着の選び方。
下着は自分の体にフィットすることが大切である。以下の点をチェックしてみるとよい。一つでもあてはまる場合には、体に当てはまらない下着である。プロポーションを崩すので対策をしておきたい。

・下着がももに食い込んだり、ヒップの肉がはみ出ていないか。
・下着の上におなかの肉がのっていないか。
・ヒップのふくらみがつぶれて、平らになっていないか。

◆サイズの合わない下着はシミのもと。
サイズの合わない下着は、ボディラインだけではなく、肌にも悪いという点を認識しておきたい。

ゴムの跡がくっきりと肌に残ることで、徐々にその部分の肌が黒ずむからである。更に、肌と下着がこすれると静電気が発生するが、体内の酵素が影響を受けてメラニン色素の沈着がおきやすい、つまりシミの原因となるのである。サイズの合う下着を一刻も早く選ぶこと。そして、できるだけ静電気の起きにくい素材を選ぶことが重要である。暫定的な対処としては、静電気防止スプレーでのケアも有効である。

おすすめ 美容室
美容の裏ワザ:脚をキレイにみせるストッキングワザ & 脚を長く見せるための着こなし術

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
美容星人
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 美容の達人 どんどこ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]