忍者ブログ

美容に関する知識やためになる情報を配信しております

美容の達人 どんどこ

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美容の裏ワザ:色でやせて見せるテクニック & 脚を長く見せるための着こなし術


美容の裏ワザ:色でやせて見せるテクニック。

◆暖色系も屋外なら太って見えない。
一般的に着太りするのは「膨張色」と言われるピンク・赤・オレンジ・黄色である。しかし、屋外の光の強い所では室内ほど、それほど太って見えないので安心してよい。明るい屋外では、室内に比べて対比する色が少なくなるため、膨張率が低くなるというのが理由である。


◆濃い色の靴には着やせ効果がある。
服の色以外にも気をつけておきたいのは、靴の色である。足元をピリッと引き締めると、ボディライン全体がほっそり見えるとも言われる。濃い色の靴を履くと、足元を引き締める効果があるために、脚やせ効果はよりアップすると言われる。逆に、白い靴を利用するのはNGとなる、特に白いワンピースに白いサンダルのコーディネートは一番良くない。色を揃えることで、一見はまとまったスタイルに見えるが、実は全体的に膨張して見えてしまうので、注意しておいた方がよい。

ケアマネジャー

この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)


美容の裏ワザ:脚を長く見せるための着こなし術。

◆スカート丈は自分のベスト丈にする。
自分にあったスカート丈にするのは重要。まずは、鏡の前でスカートの丈を足首から徐々に引き上げて調整してみるのがよい。脚がスラリと見える長さというのが見つかるはずであり、それが自分にあった丈となる。もし、自分のスカート丈にあった製品がない場合には、自分で手直しをするのがよい。その際には、5mm等の微妙な違いも気にして欲しい。手間をかける分だけ、よくなるわけである。

◆「上を大きく」すると脚か細く見える。
体と比較して、脚のボリュームを小さくすることで、脚はすらりと細く見えるものである。なので、脚にだけ注力するのではなく、上半身を大きくする工夫もしてみたい。存在感のあるジャケットと合わせてみたり、薄手のセーターから厚手のセーターに変える、等の形である。また足元についても工夫をしておきたい、ブーツやスニーカー等の大きく見えるアイテムとあわせるのである。上半身と足元(靴)にボリュームを与えることで、脚の太さは、思ったよりも目立たなくなるのである。

◆ひざ小僧に工夫を。
脚全体を若返らせるテクニックがある、特に夏場など、露出の機会が多い季節には、素足がキレイであることは大切である。ひざ小僧は、女性の年齢が正直に反映されるといわれる。

つまり、普段からひざ小僧に乳液などでマメに手入れしておくことが大切となるのである。逆に膝小僧がきれいだと、脚全体もぐっと若々しく見えるという効果もある。もし黒ずんでしまっている場合には、リキッドファンデーションを薄く塗るとよい。チークを使ってほんのりと若返らせることができる。こつとしては、アーモンド色のチークを使うこと、更に膝小僧の半分から下の部分をさっとブラシでぽかすのがよい。特に色白の人は、ピンク系のチークを付けるとかわいらしい印象になるので効果的である。

プリンスプリンセス(http://kirei.biglobe.ne.jp/t_salon/search/salon/H000108544)
この記事の引用は、リンクだけ下さればご自由に使ってください
他のサイトでもご自由にこの記事の内容を使ってください。
でもこのページへのリンクはしてくださいね。(nofollow無しで)

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリー

フリーエリア

最新CM

最新TB

プロフィール

HN:
美容星人
性別:
非公開

バーコード

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- 美容の達人 どんどこ --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]